ラオウとは

 
「特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウ葬儀の全て・・・」 メイン画像
「特設サイト!ラオウ葬儀の全て・・・」   ラオウとは 「特設サイト!ラオウ葬儀の全て・・・」   継承者争い 「特設サイト!ラオウ葬儀の全て・・・」  ラオウ天に 「特設サイト!ラオウ葬儀の全て・・・」   主要人物 「特設サイト!ラオウ葬儀の全て・・・」   ラオウ昇魂式
 
「特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウ葬儀の全て・・・」   SIDEMENU
 
「特設サイト!ラオウ葬儀の全て・・・」   継承者争い
 
「特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウ葬儀の全て・・・」天に
   

>>お問い合わせ

「特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウの全て・・・」 ラオウとは

ラオウとはトキ、サヤカの実兄、ジャギ、ケンシロウの義兄であり、カイオウの実弟でもある。そして、忘れ形見にリュウがいる。
北斗神拳四兄弟の長兄にして狂える恐怖の暴凶星・世紀末覇者拳王。愛馬の名前はは黒王号。

北斗神拳では北斗剛掌波や天将奔烈などの闘気を放射する。射出する技を得意とするが、カサンドラで数多の他流派拳法の伝承者・達人達より奥義を奪っているため、使える奥義の総数は並大抵ではないとされています。

「特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウの全て・・・」 ラオウラオウのトレードマークは耳の部分から猛牛のように前へ突き出た非常に鋭い角付き兜と、巨体を隠さんばかりの巨大なマント。そして、凄まじい剛拳の使い手である証明のみなぎる闘気。その闘気とは、レイの挑戦を受ける際にその闘気だけでレイを怯ませ、南斗究極奥義断己相殺拳の使用を余儀なくさせてしまう程強烈なものである。

また、戦いの際はというと、ザコが相手の場合は何人だろうと黒王の上からまとめて吹き飛ばす。(それと同時に黒王もザコを一蹴、または踏み潰し、吹き飛ばしている)
尚、レイやヒューイ、シュレン、ジュウザ等、かなりの実力を持った者ですらも、ラオウは黒王の上からは降りることなくそのまま相手をする。
この点に関しては読者からは「南斗北斗は表裏一体の拳法のはずなのにバランスが狂い過ぎ」との非難の声もある。
後半でのケンシロウやトキ、コウリュウ、フドウ、心と力が甦ったジュウザなど、ラオウ自身が認めた強者が相手の時のみにだけ黒王から降りています。

ラオウの生い立ちや北斗神拳継承者候補となった経緯については、作中では若干矛盾する描写が幾つかあり、しかしいずれにせよ幼少期に両親を失い、その理不尽な経験から己の意に沿わないものは力をもってねじふせる、という思考を持つようになったのは確かであるとされています。
尚かつ、「ラオウとトキの二人のうち養子にむかえるのはどちらか一人」としてリュウケンにあえなく崖に突き落とされるが、気絶したトキを抱えて片手のみで崖をよじ登ってみせたエピソードなどは彼の本質を良く表しているとも受け取れます。

ラオウ自身そうした信念を他人にも強要するところがあり、無抵抗を条件に助命を求めてきた村落の長を「服従のみの人生に何の意味もない」とし、いともあっさりと殺害(アニメ版では生存)している。また、自身に想いを寄せるがあまり自害して果てたトウに対しても「自分が欲しければ、殺してでも手に入れれば良い」と言ってのけた。
ただし、トウは目の前で、護衛する五車星の海の兵団が斧や槍でラオウを攻撃した際に、刃がラオウの体に負けて全て砕けるという特異な場面を目の当たりにしているので、自らの力では到底ラオウを倒すのは絶対不可能と判断して自決したのだという見方もある。

ラオウ幼少期の修行時代にもこうした面はあり、稽古で打ち倒したトキが涙を流すのを見てすかさず「泣くな!涙など流してはならぬ」と強く言い放っている。
またケンシロウに対しても、彼がまだ幼いゆえ修行はおろかリュウケンの道場に入ることすらも許されていなかった頃に、リュウケンに無断でリンチ同然の修行を行いこれを目の当たりにしたリュウケンに「才なき者がいずれここから追放されるなら、それをわからせるのがこいつのため」と言い放っている場面がある。

「特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウの全て・・・」 ラオウ 映画しかしながらも、自ら片足を切断して差し出したファルコの願いを聞き入れて軍を転進させるなどをし、たとえ立場は違っても強い意志を持った人間に対しては強い敬意を払っている。 その拳を封じようと追い詰めたリュウケンが病の発作に倒れた時、ただ一人恐れた拳の持ち主トキもやはり病に冒されており、障害となっていたサウザーをケンシロウが倒してしまうなど、その覇道は運に恵まれていた一面もあるとされています。
しかし、戦う前に相手に「死兆星を見たか」と問い、「見た」という相手としか戦わないという点も持ち合わせており、これは必然ともいえる。
尚かつそれを当人もどこかで自覚しつつ、天を目指す自分と、神もまた戦いたがっているとの強固な自負に変えていた。

また、無想転生を身につけたケンシロウや、その後のフドウとの対戦などで運や情けによって思わぬ命を拾った場面では、それを屈辱として怒り狂う事もあり、後にケンシロウ、ヒョウと同じく「北斗宗家」の血統(オウカ、リュウオウを祖先とする傍流)であった事が明かされる。
修行時代のラオウを、ケンシロウは「失われた北斗の男」と評した事もあり、またリハクはラオウが無想転生を体得したことで、「北斗神拳伝承者」としての才があると評して、ケンシロウと合わせて「天は2人の伝承者を生み出した」と語っていた。

pickup

最終更新日:2016/11/21

Copyright (C) 2008 特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウのすべて・・. All Rights Reserved.