ラオウ昇魂式

 
「特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウ葬儀の全て・・・」 メイン画像
「特設サイト!ラオウ葬儀の全て・・・」   ラオウとは 「特設サイト!ラオウ葬儀の全て・・・」   継承者争い 「特設サイト!ラオウ葬儀の全て・・・」  ラオウ天に 「特設サイト!ラオウ葬儀の全て・・・」   主要人物 「特設サイト!ラオウ葬儀の全て・・・」   ラオウ昇魂式
 
「特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウ葬儀の全て・・・」   SIDEMENU
 
「特設サイト!ラオウ葬儀の全て・・・」   継承者争い
 
「特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウ葬儀の全て・・・」天に
   

>>お問い合わせ

「特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウの全て・・・」 ラオウラオウ昇魂式
ラオウ昇魂式の模様

4月18日(水)午後7時。高野山東京別院にて「ラオウ昇魂式」がしめやかに執り行われました。「アニメの世界なのにラオウの昇魂祭?」と、思われる方もいるかもしれませんが、この昇魂祭とは、ラオウの最期を描いた映画「真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章」の公開を控えて企画されたものですのでご理解ください。当日の天候はあいにくの雨にも関わらず、およそ3000人あ余りのファンが焼香に駆けつけてくださり、ラオウの死を嘆き、そして祈りを捧げていました。

 

ラオウ昇魂式の模様

「ラオウ昇魂式」は、正式には映画の公式サイトのみで参加を呼びかけたものです。それにも関わらずたくさんの人々に駆けつけてもらいラオウも非常に嬉しく思っていると私なりに感じています。また、北斗神拳を伝えたとされる弘法大師空海ゆかりの場所での縁あっての開催ということもあり、真言宗の流儀に則って行われ、まず始めに7人の僧侶による読経、護摩行に続き、今回映画でラオウの声を担当する俳優・宇梶剛士さんによる弔辞が読み上げられました。

 

宇梶さんはラオウの遺影に向かいこう話しかけました。

以下、宇梶さん発言抜粋
「ラオウ。僕はあなたの死に際して何を言えばいいのでしょうか? 自分の生き方を貫こうとしても立ち止まった時があった。その時にあなたの生き方に励まされた。僕はいつも一期一会を大切にし、その時のベストを尽くしてきた。あなたの生き方はまさに僕の行き方と一致していた」と語りかけた。

その後は、本日ご都合が合わずに来場できなかった北斗ファンの著名人でもある亀田兄弟や、ジャガー横田さん、そしてテレビ放送などでもケンシロウの声を務める阿部寛さんからの弔電VTが上映されました。また、指名者焼香では今回のラオウ昇魂式の葬儀委員長の谷村新司さんに続き、宇梶剛士さん、そしてはるばる来場された北斗ファンの森下千里さん、格闘家・武田幸三さんらが焼香に上がり、ラオウの死を慎ましく惜しむ風景が見られました。

ラオウ昇魂式

葬儀委員長の谷村新司さんなどを始め、多くの芸能人もラオウの死を悲しみ、葬儀委員長でもある谷村新司さんは、「あなたと出会い、あなたと過ごした日々を誇りに思います。星への旅を始めたあなたに、今、万感の思いを込めて」と挨拶いたしました。
また、引き続き、今回の映画の挿入歌を歌うWAKANAさんのライブを始め、本作で赤鯱の声を務める自他ともに認める「北斗の拳」大ファンの角田信朗さんによる、ラオウへ捧げる演武「征遠鎮」が力強く披露され、さらには総勢17名のダンサーによるパフォーマンスが繰り広げられラオウの死を送り出しました。

昇魂式の最後は、ラオウの今までの最期の勇姿を収めたダイジェスト映像が特別上映され、製作総指揮の堀江信彦氏、原作者で生みの親である原哲夫氏からの挨拶で昇魂式は慎ましく幕を閉じました。今回の昇魂式を経て原哲夫氏は「今日はご愁傷さまと言われて、こそばゆいようなうれしいような気持ちになりました。漫画のキャラクターにこんな言葉をかけてもらえるのは、漫画家冥利につきます。湿っぽくなく、旅立ちという意味で声を掛けていいのではと思いました」と、詰めかけたファンにも大きな感謝の意を表明してくれました。
また、堀江信彦氏も「1986年の春に連載でラオウが天に昇りました。その当時の少年・青年が21年経って、最前線で活躍する歳になり、そういった世代の人たちが今回の昇魂式を企画し、実現してくれたことを本当に幸せに思う」と締めくくり、ラオウは再び私達の胸の中へと優しく消えていきました。

check

育毛シャンプーの女性用
http://www.ikumou-usuge.info/lank_josei/

Last update:2017/1/12

Copyright (C) 2008 特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウのすべて・・. All Rights Reserved.