継承者争い

 
「特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウ葬儀の全て・・・」 メイン画像
「特設サイト!ラオウ葬儀の全て・・・」   ラオウとは 「特設サイト!ラオウ葬儀の全て・・・」   継承者争い 「特設サイト!ラオウ葬儀の全て・・・」  ラオウ天に 「特設サイト!ラオウ葬儀の全て・・・」   主要人物 「特設サイト!ラオウ葬儀の全て・・・」   ラオウ昇魂式
 
「特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウ葬儀の全て・・・」   SIDEMENU
 
「特設サイト!ラオウ葬儀の全て・・・」   継承者争い
 
「特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウ葬儀の全て・・・」天に
   

>>お問い合わせ

「特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウの全て・・・」 継承者争い

虎にさえも死の恐怖にさせてしまう剛の拳が故に、相手に死を覚悟させるケンシロウより、暗殺拳としての北斗神拳の継承者としては劣るとリュウケンにみなされた。

「特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウの全て・・・」 継承者争いしかし、北斗神拳継承者争いでケンシロウに敗北すると、その拳を封じようとしたリュウケンを惨殺し「世紀末覇者 拳王」を名乗る。また、配下にはかつての義弟ジャギ、そして新秘孔究明に力を注ぐアミバ、カサンドラ獄長ウイグル等、力に惹かれた態の悪いごろつきたちが多く集まり、ラオウの軍団はそれこそまさに「恐怖」そのものであった。

 

その支配形成の一つには、カサンドラという収容施設を造らせ、反逆者の収容や、自身以外の他流の拳法の達人から必殺奥義を奪ったりなどして、なおかつそれでいてどんな小さな禍根も断つというものがある。

ただし、その反面ではラオウの人柄や理想に惹かれたザクや赤鯱、またはバルガやリセキのような武将や最も側近といった者も少なからずおり、またその幼少期のシャチやバランはラオウの力を目の当たりにし、その強さに非常に感心している。とりわけ、バランにいたっての場合は、ラオウの許可を得ており、ラオウの北斗神拳を盗み独力で北斗神拳を体得した。

 

上記で述べた継承者争いや様々な要因によって後に招かれざれることになったラオウの死。「特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウの全て・・・」 その様子
そのラオウの死を描いた最新アニメ映画、『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章』の日本公開10日前の2007年4月18日、東京・高輪にある真言宗の高野山東京別院で「ラオウ昇魂式」がしめやかに行われました。ラオウの葬儀、遺族代表として、原哲夫、武論尊らが参列し、葬儀委員長は谷村新司が務めました。また、今回映画でラオウの声を担当した宇梶剛士が考え深げに弔辞を読み、今作で声優として参加した角田信朗はラオウに捧げる演舞を披露しました。
尚、漫画のキャラクターの葬儀が本物の寺院で営まれるのは初めてのことであり、記憶に新しいのは過去に『あしたのジョー』や『タッチ』のキャラクターの葬儀が行われた事がありました。しかし、その際の葬儀の場所は寺院ではありませんでした。

注目サイト

介護保険ソフト
http://kaigo.intertrust.jp/

最終更新日:2017/1/12

Copyright (C) 2008 特設サイト!ラオウ追悼式 ラオウのすべて・・. All Rights Reserved.